重大な取引をする際に必要な実印は役所に登録してある印鑑の事です

印鑑

結婚後は以前の実印は使用できない

印鑑の入れ物

結婚をすると名字が変わるという事がありますが、この時実印を以前の名字のまま利用できるか気になる方もいる様です。結論から申し上げますと使用する事ができません。これは考えてみれば当然かも知れませんね。名前が変わったのに以前のままの印鑑が使えるという事はあり得ないのです。ですので新しいものを作るか、結婚した相手が持っている物を使うという事になるでしょう。
これを避けるには予め名前だけの実印を作っておくという方法があるとの事です。苗字ではなく下の名前という事ですね。こちらは結婚しても変わる事がありませんから安心という訳です。ちなみにサイズであるとか材質に関してですけど、かなり自由にできますね。これが印鑑なのだろうか?と思えるような物を作ることができますので、それに関する情報を色々調べてみても良いでしょう。特に最近の若い女性は可愛らしいものを好みますからね。実印でそういったものを作ってみても楽しそうです。
もっとも若い頃というのは実印が必要になるシチュエーションというのが比較的少ないと言えるでしょう。不動産取引であるとか融資を受ける際など、そういった事をする様になってから実印は欠かせない存在になるのです。

最新の情報

TOP