重大な取引をする際に必要な実印は役所に登録してある印鑑の事です

印鑑

実印と同じ位重要なのが印鑑証明

印鑑と朱肉

実印とセットで考えなくてはいけないのが印鑑証明と呼ばれている物です。正式な名称を印鑑登録証明書と言った様な気がします。必要事項を記載した書類を役所に提出して手数料を支払うことで発行してもらえる物なのです。実印だけで問題が無いという事もあるとは思うのですけど、場合によってはこの印鑑証明が必要になる事がありますので、必要になった際は役所に取りに行くようにしてください。
書かれている内容に関してですけど実印のプリントがされていて、この印影は役所に届けられている物と同一の物であるという様な記載がなされています。これをもって今手元にある実印が正真正銘の本物であるという事の証拠になる訳です。
そして重要な事なのですが、この印鑑証明と実印を同じ場所に保管しないようにしてください。先程も言いましたが本物であるという事を証明する書類ですから、この2つが揃ってしまうと実際に実印としての効力が発揮されてしまう事になるのです。自分が使う時には当然いいのですけど、他人に使われてしまえば勝手に契約されてしまう恐れがありますからね。面倒でも別々の場所で管理しておく様にしましょう。それが難しいのであれば基本的には実印だけ持っておき、印鑑証明は必要になった時にだけ取りに行く様にして下さい。

最新の情報

TOP